適切な方法で産業廃棄物や瓦礫の選別を行うには専門業者の力を借りる

ごみの処分に困ったら

工場

産業廃棄物は法律で決められているため、勝手に処分することはできず、必ず産廃処理の業者にお願いしなければいけません。業者の数は多いですが、処理するための許可を得ていなかったり、料金を安くして適当な仕事をするというところもあるので注意しましょう。

読んでみよう

瓦礫を処分する方法

がれき

専門の業者に依頼

地震や津波などの大きな災害が起こったときには、大量の瓦礫が出ます。瓦礫にはいろんなものがまじっているため、廃棄する際に瓦礫選別が必要になります。瓦礫選別を専門に行っている業者がいます。瓦礫の中には、リサイクルできるものもありますから、環境を考えれば廃棄だけ行っている業者よりも、リサイクル目的で瓦礫選別を行っている業者を選んだ方がいいかもしれません。人の手で瓦礫選別を行うには時間がかかりますし、多くの人手が必要になります。人件費がかかれば、ボランティアなどを依頼することになるでしょう。効率的に瓦礫選別を行うには、重機や粉砕機などの機械が必要になります。瓦礫選別を専門に行っている業者を探しましょう。

機械をレンタル

瓦礫選別を業者に依頼せずに、自分で行う場合は、重機や粉砕機が必要になります。重機や粉砕機は高額ですから、瓦礫を処分する頻度がそれほど多くないなら、機械をレンタルする方法があります。重機や粉砕機のレンタルは、瓦礫処理の業者が行っている場合があります。ただ、瓦礫の量が大量だったり、機械の利用頻度が高い場合は、購入した方が安くなる場合もあるようです。その場合は、中古の機械を探すという方法があります。レンタル業者の中には、最初は機械のレンタルを行い、使用が長引きそうであれば、機械を購入できるシステムを選べるところがあります。機械をレンタルするか、中古で購入するかは、どれぐらいの期間瓦礫選別を行うかで決めるとよいでしょう。

ごみを出す時のポイント

ゴミ

さいたま市では一般廃棄物を処理する際に、ルールが決められています。家庭ごみや事業所から出るごみも一般廃棄物に含まれますので、自治体のルールに従って分別などを行うことが必要です。社会をより良くするためにも、一般廃棄物処理に対する知識をつけましょう。

読んでみよう

産業廃棄物を中間処理する

解体

処理を円滑に行えるよう、産廃では中間処理が行われているのです。中でも、産廃を細かく裁断する「破砕」はよく行われる中間処理です。破砕により、最終処理や保管・運搬がしやすくなり、機密性が保たれるのが、よく行われる理由です。また、産廃の大きさや特性により、適した種類の破砕機を選定する必要があります。

読んでみよう